<< ピンクリボンキャンペーン予行演習(^O^)/ | main | ピンクリボンキャンペーン取材*** No2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP -
ピンクリボンキャンペーン取材*** No1
先日7日は市民球場で行われたピンクリボンキャンペーンの取材に行ってまいりました。ピンクリボンキャンペーンの詳細はこちら

今回、書きたい内容が多いので何回かに分けてご報告したいと思います(^u^)


さてさて、ピンクリボンキャンペーンの実行委員会の方々が朝8時半に会場準備に入られるということなので、私たち取材班も8時過ぎに集合となりました・・・。が、しかし前日忙しかった子が多かったらしく約束の時間に集合できたのはうろこいHとTのみ・・・(^_^;)
とりあえず、うろこいHとTが二人で挨拶をしにゆくこととなりました(>_<)


当日の会場ではピンクの風船がたくさん上がり、マンモグラフィ検診車が2台もきておりました!!せっせとピンクのTシャツを着たスタッフの方々が準備をされており、とても迫力のある雰囲気でした。スタッフの方々の中には女性だけでなく男性もたくさんおり、このキャンペーンの人の幅の大きさを感じました。
9時半位にこちらのメンバーも揃い取材の方を開始いたしました。

このキャンペーンを取り仕切っていらっしゃる理事長の方にインタビューをさせていただきました!!丁寧に。、そして熱くこのキャンペーンのことを話される姿に、このイベントにかける熱意を感じさせていただききました(*^。^*)

その後、本通商店街をピンクリボンキャンペーンのスタッフとスラィリー達が、イベントのアピールのために練り歩くということでしたので、取材班を2グループに分け取材を続行いたしました!!
うろこいHとつっきーでこのパレードを追いかけました!
sulaily
スラィリーの登場にたくさんの方々が沸いていましたよ〜!私自身スラィリーにサインをしてほしくてしょうがなかったです(笑)しかし、ここは取材中・・・がまん、がまん(自制心)
パレード自体すごく盛り上がっていました!このパレードにスタッフとして参加していた安田女子の女の子達もパンフレットを配ったり、プレートを掲げたりと一生懸命に通行する方々にアピールしていらっしゃいました・・・

                         つづく・・・
| - | 10:15 | comments(2) | - | ↑TOP -
スポンサーサイト
| - | 10:15 | - | - | ↑TOP -
3月25日、映像ライブラリーで「ホームー大学生のみつめた 広島市民球場ー」を鑑賞しました。
若い貴方たちが、ここまで市民球場に対して想いを抱いておられるなんて驚きです。

初代の、グランドボーイ(現代名は、バットボーイ?)でした。野球が好きだったわけではありません。
1試合130円の稼ぎで中学校の学資を工面する目的でした。

県営総合グランドでの仕事はじめから、市民球場初試合の模様が今でも目に焼き付いています。
当時も、カープは成績はドンベ。何十連敗かで、フアンが騒ぎ、中学生のアルバイトマンが
夜中まで帰れない状態もありました。別に、労働基準法違反では、無かったようです。

昔の、よき時代の感傷は良く伝わってくる映像でした。
若い貴方たちに要求することは、世の中の動きに対しての進歩的な考えを見せてください。
市民球場の跡地の活用に対しての動性をきちんと伝えてください。
あの、元平岡市長の英断(サッカー場をドーム化反対)を参考に今回の秋葉市長の考えを世間に問うてください。

(参考)
 (1)2008年10月31日 中国新聞掲載 ”広島市民球場跡地の活用法”当時、中国放送相談役、
前広島商工会議所副会頭。金井宏一郎氏。実に素晴らしい問題提起内容です。
地元商業者は反対のようです。

今日、2009年3月25日、市議会が”跡地利用に対して商業者の考えを入れろ”と反対しています。
金井一郎氏の考えを、もっと広めてください。
| いしかわひろし | 2009/03/27 7:10 PM |
3月25日の上映会に来て下さり本当にありがとうございました。貴重な意見と感想ありがとうございます。
いしかわさんは、今の市民球場の今後の様子について、気にかかっておられるのですね。今回のドキュメンタリーに関してはそちらの部分は正直にいって極力取り上げない形で編集をいたしました。実は、一年間様々な形で取材を進めていくにあたり私達もこの問題を強く意識しました。どのような意見が出されているのかもかなり調べ、サッカー場の提言も存じております。ただ、メンバー間でもこの問題を何度も議論したのですが、それぞれの意見が対立し明確な答えを出すことは出来ませんでした。
このドキュメンタリーは、メンバー全員で作り上げてきたものです。一年間プロジェクトを進めてきた上で、どうしてもそのことは譲ることができません。
そのため、メンバーの中で解決できなかった問題をドキュメンタリーの中で表現することは、プロジェクトの代表としても許可することができなかったのが現状です。そこの所はご理解いただきたく思っております。

市民球場の姿は、広島の人々の中に本当に様々な形で残っています。私の中にも、私の市民球場があります。それはいしかわさんの中でも同様だと思います。
その気持ちを大切に、今後の球場についても自分なりに考えていけたらと思っております。

貴重なご意見、ありがとうございました。
| うろこいH | 2009/03/29 7:21 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
THANKS51プロジェクト
4月2日を持って、無事「THANKS51プロジェクト」は終了いたしました。 一年間を通して多くの方々に支えていただき本当にありがとうございました。 今後、「Home〜大学生のみつめた広島市民球場〜」の追加上映などが決まりましたら、またここのブログなどで報告したいと思います。
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE